1. HOME
  2. Column

Brazeとは?顧客中心で一貫性のあるコミュニケーションを実現するカスタマーエンゲージメントプラットフォーム

Human Connection

Brazeは「人と人との心触れ合うつながり」という設計思想に基づき、記憶に残る体験をリアルタイムに提供することで、「人間的」なコミュニケーションを実現し、消費者体験を向上させます。

例えば、各顧客の個別の状況に関わらず、散在するチャネルから画一的なプロモーションを一方的に送るのではなく、顧客に耳を傾け理解し、顧客の反応に合わせて最適な情報をタイムリーに提供することで、顧客が「自分に向けられたメッセージ」と感じるような体験を提供します。

リアルタイムエンゲージメントを実現するアーキテクチャ

顧客中心のコミュニケーションを実現するためには、チャネル主体の断片的なメッセージ配信ではなく、消費者中心で一貫性のあるメッセージ配信を行うテクノロジーが必要となります。

これまでのマーケティングツールでは、サイロ化されたチャネル毎のデータを手動やバッチで連携し、鮮度の低いデータでアプローチを行う必要がありました。

Brazeのアーキテクチャでは、最新データをチャネル横断で共有し、最適なチャネルかつリアルタイムでアプローチする事が可能になります。また、マーケターがすぐに活用できるデータ構造になっており、SQL等のITスキルが必要なく管理画面上でセグメントを構築しチャネルを跨いだ一連のシナリオ設計が可能になっています。

リアルタイム処理

  • データ取り込みからアクションまで約1秒で完了
  • ユーザーの反応をリアルタイムに取り込み、常に最新の顧客プロファイルを実現

スケーラビリティ(拡張性)

  • プッシュ通知は75,000通/秒、メール配信は250万通/分と、世界最高クラスのパフォーマンスを実現

スケーラビリティ(拡張性)

  • SQL不要で複数のチャネルへの配信を容易に実現
  • 単一のUI上で、複数のチャネル・複数のステップから構成されるカスタマージャーニーを無理なく実現

まとめ

顧客中心のエンゲージメントを実現するために、Brazeは顧客データをリアルタイムに取り込み、処理し、文脈に応じて適切なクロスチャネルのマーケティングキャンペーンを組み立て、最適化し、顧客エンゲージメント戦略を継続的に進化させることができます。SCデジタルメディアでは「一人ひとりの状況に合わせた」「最適なキャンペーン」を「適切なチャネル」で提供することができるBrazeを活用し、クライアントのマーケティングDXを支援してまいります。

Braze株式会社の公式サイトはこちらから遷移可能です

本記事に関する詳細はこちら

企業名
SCデジタルメディア株式会社
所属部署
データマーケティングビジネスユニット
執筆者
高田 亮一
自己紹介
データ×マーケティングテクノロジーを軸に、デジタルマーケティング戦略設計から実行領域まで、クライアントに最適なソリューションを提供いたします。
事業紹介URL
https://www.sc-dmedia.com/datamarketing
支援内容詳細
https://sc-dmedia-mkt.com/lp/

close