1. HOME
  2. Column

Google Analytics 概要

Google Analytics について

本コラムでは、Webサイト・モバイルアプリの解析ツールである「Google アナリティクス(GA)」についてご紹介します。

GAは、無償で使える解析ツールとして圧倒的な利用率を誇ります。初代GAは、2005年にリリースされました。最新のバージョンは「Googleアナリティクス4(GA4)」と呼ばれる4世代目となります。

GA4より一つ前の世代は、「ユニバーサルアナリティクス(UA)」です。UAは、2023年7月1日以降のサポート終了が発表され、GA4への移行が進みつつあります。

GA4 機能紹介

GAが登場した時はWebサイトのみが計測対象でしたが、昨今ではモバイル端末など対象デバイスが増えています。また、動画などWebサイトと異なる計測指標が必要な媒体も増えています。

GA4は、昨今の多様化するデジタルマーケティングに対応し、UAから計測の仕組みが大きく変わりました。そのため、UAからGA4へのデータの移行・引継ぎは行えません。

Webサイトはタグを活用し、モバイルアプリはSDKを活用して、計測データを収集します。モバイルアプリ計測には、Firebase向けGAのSDKをモバイルアプリ(Android または iOS)に追加します。

GA4では、イベントベースで個別のユーザーの操作を計測します。イベントには、設定なしに自動で収集されるイベントとGA利用者が定義できるカスタムイベントが存在します。

GA4では、機械学習をデータセットに取り入れることで、今後のユーザー行動を予測することができます。購買可能性や予測収益などユーザーについてより深く知ることができます。

GA4は、単独の解析ツールとしても使えますが、他のGoogleツールと連携することで活用幅が広がります。

Google Tag Manager(GTM)は、Googleが提供している無料のタグ管理ツールです。GTMを使うことで、GAの計測タグを効率的に管理できます。

Google広告(Google Ads)をGAに接続することで、広告によるユーザーとの接触からユーザー行動の全体像を把握できます。

GA4データをGoogle Cloudプロダクトの一つであるBigQueryにエクスポートすることで蓄積することができます。その蓄積されたデータに対してクエリを発行することで、より詳細な分析ができます。

GA4は、発展途上のため仕様が日々更新されています。最新の情報はGoogle公式サイトや計測コミュニティなどから情報を取得しましょう。

本記事に関する詳細はこちら

企業名
SCデジタルメディア株式会社
所属部署
データマーケティングビジネスユニット
執筆者
Google Analytics 担当
自己紹介
SCデジタルメディアでは、Google CloudなどGoogle製品を活用したデジタルマーケティング活動をご支援しています。
事業紹介URL
https://www.sc-dmedia.com/datamarketing
支援内容詳細
https://sc-dmedia-mkt.com/lp/

close