1. HOME
  2. News

翔泳社「MarkeZine」に、マーケティングDXをテーマとした当社とセールスフォース・ジャパンの対談記事が掲載されました(12月20日)

住友商事株式会社の100%子会社、SCデジタルメディア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:野﨑健、以下 SCデジタルメディア)は、株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐々木 幹夫氏、以下「翔泳社」)が運営するマーケター向け専門メディア「MarkeZine」に、マーケティングDXをテーマとした、当社とセールスフォース・ジャパンの対談記事が掲載されたことをお知らせいたします。

本企画について

MarkeZineは、デジタルを主軸とした広告/マーケティング領域をカバーし、最新ニュース/業界スペシャリストによる寄稿、業界キーパーソンや先進的なマーケティングに取り組む企業担当者・経営幹部へのインタビュー記事など、様々な切り⼝・視点のコンテンツを発信する国内最⼤級のマーケティング専⾨メディアです。

本記事では、デジタルマーケティングの戦略立案からツールの選定・導入、運用実行までを一気通貫で伴走支援するSCデジタルメディアのデータマーケティングビジネスユニット統括 村角と、マーケティングに欠かせない様々なツールを提供するセールスフォース・ジャパンのデジタルマーケティング・ビジネスユニット事業本部長 二見氏が対談。

企業が抱えるデジタルマーケティングの課題や、データを効果的に活用するうえで欠かせない「20対80の法則」、顧客理解の重要性などについて語り、悩みを抱えるマーケター向けに、課題解決とマーケティングDX実現に役立つヒントを共有しています。

<対談記事はこちら>
マーケティングDXにおいて、最適化すべき3つのポイント【SCデジタルメディア×セールスフォース対談】
https://markezine.jp/article/detail/40624

SCデジタルメディア データマーケティング事業概要

「顧客との強いつながりを創造すること」を使命とするSCデジタルメディアが、マーケティングDXの実現を支援。当社に在籍するコンサルタント、マーケター、エンジニア、データアナリストなど各分野のスペシャリストが、戦略策定〜構築〜運用まで伴走いたします。

【提供サービス一覧(※一部抜粋)】
​1.データマーケティング戦略立案
コンサルタントがAs-IsとTo-Beを洗い出し、最短で成果を出すための全体戦略とロードマップを策定

2. マーケティングシステム構築支援
数々のツールの中からクライアントに最適なツールを選び出し、データマーケティングを実行するためのシステム基盤を構築

3. 自社メディア構築支援
WEBサイト・ECサイト・アプリ等、リード獲得とエンゲージメント向上を実現させる自社メディアを構築

4. 運用実務の代行
効果の出るマーケティング施策の実行や手の掛かる運用実務を、各分野のスペシャリストがプラニング、または代行

※サービスに関する詳細はこちら

本件に関するお問い合わせ先

問合せ先名
SCデジタルメディア株式会社
E-mail
pr@scdigital.co.jp

close