1. HOME
  2. Recruit
  3. Interview
  4. T.F/データマーケティングビジネスユニット マーケティングプロデュース

T.F/データマーケティングビジネスユニット マーケティングプロデュース

現在の仕事内容は?

データマーケティングビジネスユニットに所属していますが、出向社員として、当社と同じ住友商事のグループ会社での業務も兼任しています。
SCデジタルメディアにおいては、データマーケティングに関わるビジネス/システム/戦略コンサルティングを担当しているほか、部門内の勉強会の企画等も行っています。勉強会は、ナレッジ共有を定常的に行う場所がなかったので、自ら提案して2020年秋頃からスタートしたものです。出向先では、データマーケティング・DXの支援を担当。具体的には、販売促進施策のデータ分析〜改善策の提案、SNSやアプリ、ECなどのお客様とのタッチポイントの利活用方法の検討・実行、新規デジタルサービスの企画検討などです。

会社の雰囲気は?

和やかな雰囲気で、立場や役職関係なく率直な意見を言い合える環境です。また、ミーティングの場では雑談を交えながらも、やるべきことはしっかりやる。メリハリがありますね。

コンサル・広告代理店・事業会社といった業種、営業・マーケティングなどの職種も含め、メンバーが持つバックグランドや専門知識は様々です。けれど全員に共通しているのは、「クライアントやクライアントの顧客にご満足いただける提案や施策への徹底的なこだわり」を持っているところ。その軸はぶれることがなく、皆同じ方向に向かって仕事に取り組んでいます。

入社の決め手は?

クライアントの近くで仕事をできるところです。
これまで勤めてきた総合・ネット専業広告会社やコンサルティングファームで、クライアントに対する提案や施策の実行は経験してきましたが、どれだけ近くなっても他社は他社というところがありました。そのような環境下で、「もっとクライアント社員でしか扱えないようなデータを見て分析することができればより良い提案ができるのでは」と、内心もどかしく感じる部分がありました。

SCデジタルメディアでは、住友商事やグループ会社の中に入って各企業が持つ深いデータをしっかり見た上で、過去の職場で行っていたような企画立案や施策実行に携われる。そこに魅力に感じて入社を決めました。

入社後に成長したと感じる部分は?

様々なバックグラウンドを持つメンバーがいて、かつ普段接するクライアントやパートナー会社の業種業態も多種多様。仕事を通じて、日々新たな情報や知識を吸収することができます。それを仲間と共に考え、自分の中で噛み砕いで提案に組み込み、結果として評価や受注につながった時に成長を感じますね。

仕事のやりがいや面白さは?

出向先では、Web・アプリ上の様々な施策立案や新しいデジタルサービスの企画立案・導入等を担当していますが、施策の実施後やサービスのローンチ後にお客様や取引先からの喜びの声を聞いた時は嬉しいですね。

例えば、小売業のクライアントの案件で、紙を利用したサービスをデジタルサービスに変更する施策を担当した時。結果、今まで紙でサービスを利用されていたお客様がデジタルサービスに切り替えてくださったり、「便利になった」などの良い評価をいただきました。導入に向けて、パートナー会社と毎週打ち合わせをし、サービス導線から記載される言葉1つに至るまで細かく決め、サービスリリース後の告知・データ分析のための事前準備を行うなど、様々な対応をして尽力したことが報われたような気持ちでした。

また、SCデジタルメディアでのコンサルタントとしての業務においては、自分やチームが考えた企画を提案・受注し、実行に移され、結果としてクライアントのご担当者様が評価された時にやりがいを感じます。
顧客情報の深堀分析・マーケティングにおける活用に課題を持つクライアントに対して、顧客データ収集・統合・分析するCDP(Customer Data Platform)・BI(Business Intelligence)ツールの導入を提案したことがありました。チームメンバーと協力しながら情報を整理した分析画面をお見せした際、「これ、導入してよかったね」とご担当者様が上司の方から褒められていたことがありました。このような時に、「やっていて良かったな」と思います。

働きやすいと感じるところは?

同じ悩みを共有できる仲間がいるところです。
皆それぞれ様々な業態のクライアントを担当していますが、データマーケティングの領域においてクライアントが抱える課題には何かしらの共通点があり。そこへどうアプローチしていくかについては、私も他のメンバーも悩むところなので、相談したり知恵を出し合ったりできるのはありがたいですね。また、デジタルメディアやブランドコミュニケーションなど、他事業部にも業務領域が近いメンバーがおり、気軽に相談することができるのも良いです。

相談事には、ビジネスチャットツールを活用することも多いです。困った時にグループチャットに投稿すると、必ず誰かしら返してくれるんですよ。「こういう提案書・レポート作ったことある」「この調査データがおすすめ」など。

応募を検討されている方へ

ご存知の通り、DX・デジタルマーケティング分野は、世界的な潮流としてほぼ全ての業種で急激に進んでいっています。用語としては、小さいところではWeb接客ツール導入、大きいところではスマートシティ構想などでしょうか。SCデジタルメディアでは、まさにその“ど真ん中”で仕事をすることができます。
また住友商事のグループ会社なので、住友商事やその事業会社の大きなプロジェクトに携われるチャンスがあるのも当社ならでは。
ぜひ、最先端のデジタル領域で一緒に仕事をしましょう!

ある日のスケジュール

  • 9:00  出向先に出社・朝礼
  • 9:15  メール対応・資料作成
  • 10:00 パートナー会社から新規ソリューション紹介
  • 11:00 メール対応や資料作成
  • 12:00 ランチ
  • 13:00 関係部署とECに関する定例ミーティング
  • 14:00 パートナー会社とPJ進捗確認ミーティング
  • 15:00 メール対応や資料作成
  • 16:00 SCデジタルメディアのメンバーと提案ディスカッション
  • 17:00 資料作成
  • 19:30 終業
close